海外挙式と新婚旅行プランを安く済ませる方法とは?

気軽に海外挙式と新婚旅行!安く済ませる方法がわかるサイト

旅行が大好きだから

誰を海外挙式に招待するかを決める事が、今後の費用の予算をたてるのには不可欠です。 お互いの両親4人と自分たちの6人が最低人数として、増やすのは、兄弟等の親族と懇意な親戚とお互いの友人です。 学生時代や会社の友人をリストアップして、プランを考え始めましょう。

滞在型で重点的に

メインが海外挙式であっても、旅行中は気が抜けません。 それなら、普段の旅行では時間がなくて行けないスポットを網羅するのも、楽しいかも知れません。 現地に詳しい知り合いに聞いてみるのも、面白いです。 現地の人しか知らない安全なスポットも、教えてもらえるかも知れません。

線引きしてから

学生時代から旅行が趣味で飛び回っていた人も、海外までなかなか行けなかった人も、新婚旅行は海外と決めている人も多いでしょう。
気楽に海外挙式と新婚旅行をするなら、日本語も通じて日本人観光客も多い場所を選ぶのが楽です。
最低限誰でも英語が通じる圏内であれば、看板の文字にも困らず、自分たちで行動してもらえる時間をとる事も可能だからです。
それぞれの知り合いも行っているからと、知らない土地を心配する気持ちも薄らぐので、一方的に拒否されないでしょう。
アジア圏ならバリ、片道3時間程度なのが魅力のグアム、定番のハワイ、ヨーロッパならイタリアで、肉と魚がメインで何を注文して食べても違和感がなくて喜ばれるのは、海に面している国だからでしょう。
イメージも何となくのんびりできて、大丈夫かなって、ひとまず安堵できる雰囲気を感じるからです。
飛行機も日本の航空会社ならではのメリットもあります。
搭乗した瞬間から様式が外国になるのと、到着するまで日本なのとの違いは、乗務員の日本人の人数にも左右されます。
空港内ラウンジを利用できるメリットも要チェックです。
荷物が増えても、挙式に必要なアイテムは出来る限り持参する方が、安く、当日の手間もかかりません。
ドレスやタキシードも現地でかりるより、事前にじっくり探して購入する方が、日本での結婚パーティーでも使え、結局安く済むかも知れません。
せめてドレス選びで、何軒かお店をまわったりして、花嫁支度の醍醐味を味わって、楽しみたいものです。

一点豪華主義

挙式後の予定も、同行者が美食家ぞろいなら、その地特有の人気スポットのレストランをよく調べて、時間をかけてプランを練りましょう。 メニューの値段より、特色があって美味しい事が一番です。 人気店で話題性があったり、特別な食材によるメニューだったり、豪華な何かを探りましょう。


ページ
Topへ